私たちの体は75%〜60%前後の水分から構成されています

谷川の激流がおいしい水をつくります 体にいい水は美味しい水

植物にもいい水が必要です

おいしい水 お問い合わせ・お申し込みは 0258-36-7517
お水の話コンテンツ
  お水のはなし-1
  お水のはなし-2
  お水のはなし-3
  磁化水の記事の紹介
その他商品
  活水器蝶々
  殺菌セラミック浄水器
  携帯用浄水器mizu-Q
  すいそいんぐ
  元付セラミック活水器
インフォメーション
  特商法表示
  取扱商品一覧
  会社案内
  お得・健康会員
  コミュニテイルーム
  お問い合わせ
  サイトマップ 
  リンクについて
  こだわりや
  携帯電話サイト
  ひではなゆり
 

磁化水飲むと学習能力UP

健康効果も、各地「わき水」にも可能性

 
写真

 名古屋市立大の岡嶋研二教授と原田直明准教授らのグループは、磁場の中を流れた水「磁化水」に、健康維持や学習能力向上効果があることを、マウスを使った研究で確認した。東北大で9月に開かれる日本生物物理学会で発表する。

 岡嶋教授によると、グループは磁化水を1カ月間与えたマウスと、通常の水を飲ませたマウス5匹ずつを分析。磁化水を飲んだマウス全身の臓器で、細胞の増殖を促進させるインスリンに似たタンパク質「IGF−1(ローマ数字の1)」が、通常の水を飲ませたマウスに比べて約2倍に増えていた。

 さらに、学習能力に関係する脳の「海馬」でもIGF−1(ローマ数字の1)が約2倍に増え、脳内にある神経細胞の再生が促されていた。グループでは、磁化水が胃を刺激して脳幹に伝わり、IGF−1(ローマ数字の1)を作りだしたと推測している。

 岡嶋教授らは以前から、IGF−1(ローマ数字の1)が体にもたらす効果の研究を続けてきた。磁化水はこれまで経験的に健康に良いとされてきたが、一方で効果を疑問視する声もあった。各地で「名水」と呼ばれるわき水が、磁化水である可能性も高いという。同教授は「体内を活性化させる効果があり、研究が進めば、生活習慣病やうつ病などの改善につながるかもしれない」と話している。

http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2010081902000023.html

   

 


マカフィー・ストア

当サイトの閲覧などにおける利用において全てのいかなる責任も負わないこととします。
copyright©2015 World Switch Communication all rights reserved.