乳酸菌を生成する乳酸菌生産物質ピュアラクトEX16とは

乳酸菌生産物質とは?

乳酸菌で発酵をおこなった培養液(乳酸菌がエサにできる各種物質を溶解した液体に乳酸菌の少量を接種し、菌の好む温度で生育させたもの)の総体で、 培養に用いた栄養成分、菌体(死菌体)発酵生産物、未知の合成成分などを合みます。

乳酸菌より高密度

つまり、乳酸菌が低密度の生菌であるのに対し、乳酸菌生産物質は高密度の死菌です。
(各種微生物培養の、ある条件での到達点と考えられる成分の集まりです。)

少量で多量の乳酸菌を摂取

ヨーグルトや乳酸菌飲料では”生菌”であるため、菌を生かしておくためにどうしても、 密度が低くなってしまうため、腸の中に定着しにくいのですが、 乳酸菌生産物質は、乳液菌の密度が非常に高いため、摂取したあと腸内に長く滞在します。
また、高密度ですので、例えば乳酸菌系食品の代表とされているヨーグルトでいうと、 一日毎日約1000グラム程度食べて摂取できる乳酸菌が、乳酸菌生産物質ですと、 毎食数グラムを飲むだけで、ヨーグルト1000グラム分と同等のものを摂取できます。

・乳酸菌生産物質は、大豆を発酵させ、高密度で“濃縮”しております。
(大豆は遺伝子組み換えでない大豆を使用しています。)
・EX16は乳酸菌生産物質を飲みやすい顆粒に仕上げました。
・赤ちゃんからご高齢者まで、ご家族みなさんで お召し上がりいただける健康食品です。

原材料:

乳酸菌生産物質末、ガラクトオリゴ糖、マルチトール、ローヤルゼリー粉末、寒天、コンドロイチン蛋白複合体、高密度乳酸菌体、DHA含有精製魚油、イチョウ葉エキス、ローズヒップエキス、酵素処理燕高(つばめの巣)、フィチン、環状オリゴ糖、タピオカスターチ、ビタミンC、香料、リン酸三カルシウム、炭酸カルシウム、ヒアルロン酸、甘味料(ステビア)、グァーガム(原材料の一部に乳・大豆を含む)  

 

(注)グァーガムはマメ科の植物から抽出した食品添加物です。これは防腐剤ではなく増粘多糖類といって食品を固まらせる作用があります。(同じ働きのものには、エコーガム・キサンタンガム・カラギーナなどがあります。)
食品としては、寒天やゼラチンと同じ働きをしますので、人体への悪い影響は余り考えなくても良いのではないかと思います。

 

ピュアラクトEX16

 

内容量:

 

180g(2gx90包)
ご使用方法:

1日2〜3包を目安に、そのまま、あるいはお茶やジュ ースに溶かしてお召し上がりください。 サラダやスープなどのお料理にトッピングしていた だいてもおいしくいただけます。

 

乳酸菌生産物質ピュアラクトEX16 
開発製造元 日本・バイオ株式会社  

 

海外国内・学会発表
栄養食糧学会年会2002.7.(北海道)
5th International Symposium on the Role of Soy in Preventing and Treating Chronic Disease  2003.9.21~24.(Orland, Florida, US)
ICoFF 2003.12.(東京)
Soy & Health 2004.10. (ベルギー)


TOP ピュアラクトとは 商品一覧 お問い合わせ 店長のブログ