侵入対策は効果の高い(被害に遭わない)防犯ビビイ(bbee)をおすすめ

機械警備と自主防犯の比較

機械警備とは、警備会社が機器を使って契約先の異常信号を直接受信し警備員を出動させ異常信号の確認をすること。 出動はどの契約先に対しても25分以内に到着することが警備業法で定められています。
機械警備方式は、もともと無人になった夜間のビルや店舗の警備で発展してきました。ですから駆けつける目的が異常の確認が主で、一般家庭の在宅中の警備には向いていません。(コマーシャルで中身がはっきりしない安心感だけを植え付けてしまいましたが。)
撃退する仕組みはありませんから、侵入されるかもしれません。侵入異常信号で出動してきますが1分や2分では到着しませんから、金品を盗られたり、顔を見られたと危害を加えられそうになったとしても、まず間に合わないのが現実です。 毎月のランニングコストを考えると費用対効果は低いと言わざるを得ないと思います。

機械警備と自主防犯の比較 

自主防犯の場合、防犯装置は多種多様ですが、機械警備と同等の機器も市販されています。機械警備と同等のシステム化された自主防犯装置の特長は、異常が発生したら直ぐに警報音でそのことを知らせると同時に威嚇もします。また異常通報先が本人になっています。自分に通報が来てもどうしようもないと言われる方もおられます。留守の時はそうかもしれませんが、在宅の時はそんなこと言っていられません。でも、留守の時でも、通報が来たら110番出来るほどしっかりと異常を確認できたら、もう自主防犯でも十分ではないでしょうか?
下記をご覧ください。

BBee-Tvを使った自主防犯 (詳細) 

BBee-Tvを使った自主防犯 

この事務所で導入した自主防犯装置は、BBee-Tvで、携帯電話のテレビ電話機能を生かしたものです。異常通報を受けたら直ぐにテレビ電話で状況を確認できま、例え室内が暗くても、照明も遠隔操作出来るのでしっかりと確認ができます。 この場合のランニングコストは電話契約基本料です。
このBBeeーTvは、在宅闘病患者の家族にも強い味方になります。買い物に出かけたら、急変を知らせる非常スイッチが病人から届きました。直ぐにテレビ電話で病床を確認できますし、ハンズフリー会話もで見ますから、素早く救急車を呼ぶことができます。 
早期対応が出来る段階で通報と確認ができることが最も大切で、これからのホームセキュリティの形です。
下のグラフは各項目10点満点で比較評価したレーダーチャートです。(当社評価)

BBeeレーダーチャート 

 

レーダーチャート用の表と比較(当社作成)

項目

警備会社

BBee

ユーザの感じる安心感

10

警備員派遣

10

被害小さい

コスト少

10

警報音が鳴る

10

撃退効果

抑止効果

捕まえる

(合計)

(34)

(51)

通報先 警備会社

 

本人、任意
機器の価格 50万円 10万円以内
ランニングコスト 警備料月額 0.3〜1万円

 

0円
通報電話料金 定時通報のため利用者負担 利用者負担
契約年数 5年 無し
解約 解約すると機器は返却 購入
設置 専門業者 個人も可
設備内容 防犯・火災・緊急 同左

ごったにショップ入り口 


TOP ビビイとは Q/A ご注文のご案内 店長のブログ