アガリクス 国内自社栽培のアガリクスならアイ・エム・ビー

アイ・エム・ビーのアガリクス安全性試験

アイ・エム・ビーの自社栽培アガリクスでの試験分析結果を以下に記します。

 

1.復帰突然変異原性試験
 ガンを誘発する物質の多くは、遺伝子に作用し、突然変異を起こすことが知られています。
そしてこれらのガン原性物質を検出するための変異原性試験法として微生物を用いる試験が広く行われています。この方法は非常に感度が高いことが特長です。

試 験 項 目

結  果

復帰突然変異原性試験 変異原性はなし。

試験委託先:財団法人 化学物質評価研究機構(試験コード番号:P01-3467)

 

2.小核試験  
マウスの骨髄細胞を用いて遺伝子の突然変異を検出する試験です。

試 験 項 目

結  果

小核試験 小核誘発作用は示さない。

試験委託先:株式会社 バイオセラピー開発研究センター

 

3.ヒト過剰摂取試験

 

 30歳以上60歳以下の男性5名、女性5名の計10名にアイ・エム・ビーのアガリクス原末を一日9g(推奨量の3倍量相当)、28日間摂取してもらい、各種血液検査および聞き取り調査を実施しました。なお、血液検査における主要評価対象項目は以下の通りです。

 

・アルブミン ・尿酸 ・総コレステロール ・HDL コレステロール ・中性脂肪 ・GOT ・GPT ・γ-GTP

 

・尿素窒素 ・血糖 ・総タンパク ・クレアチン

試 験 項 目

結  果

ヒト過剰摂取試験 すべての項目において異常なし。 また摂取期間中および摂取後に明らかな副作用や体調の異常を訴える者はいなかった。

試験委託先:メディカルインフォマティクス株式会社

 

4.急性経口毒性試験

 マウスに体重1sあたり5gのアイ・エム・ビーのアガリクス原末または醗酵アガリクスを与え、試験動物に異常が起こるかを試験したものです。1kgあたり5gというのは、体重60kgの人間に換算すると、一度に300gを飲んだ場合に相当します。

 

@アガリクス原末

試 験 項 目

結  果

急性経口毒性試験

雌雄のマウスともに14日間の観測期間中に臓器の異常、    
体重増加、死亡例いずれも見られなかった。

試験委託先:財団法人 日本食品分析センター

 

A醗酵アガリクス

試 験 項 目

結  果

急性経口毒性試験

雌雄のマウスともに14日間の観測期間中に臓器の異常、    
体重増加、死亡例いずれも見られなかった。

試験委託先:財団法人 日本食品分析センター

 

5.疾病状態での安全性試験 
糖尿病のラットおよび、高コレステロール血症のラットにアイ・エム・ビーのアガリクスを通常摂取の10倍量を10日間与え続けても、異常は起こらないかどうかを確認した試験です。
 結果はいずれの試験区においても血液成分値、腫瘍臓器、肝臓の脂質成分に異常はありませんでした。なお、高コレステロール血症ラットでは血清トリグリセリド(中性脂肪)が低下するという改善傾向が見られました。
Y.Egashira,R.Toki,T.Noguchi and H.Sanada:Japanese Journal Food Chemistry,Vol.11(1),1-6(2004)

 

6.アガリチン含有量
 食用のマッシュルームをはじめ、アガリクスの仲間には「アガリチン」という成分が含まれています。
今般、厚生労働省が問題にしたキリンウェルフーズ社の製品にはアガリチンが高濃度(1348ppm)に含まれていたことで、この物質に疑いが持たれています。
 アガリチンは加熱などによって分解する性質がありますので、当社では製品加工する以前の原料段階で含有量を調べております。

分 析 項 目

結  果

アガリチン含有量 検出されず(検出限界:0.05ppm)

分析委託先:株式会社マシス 食品安全評価分析センター

 

7.農薬検査
 アイ・エム・ビーでは栽培に用いる原料をはじめ、全栽培工程を通じて一切、農薬や薬品類を使用しておりません。それでもなお、お客様にご安心いただくため、ロットごとに222項目におよぶ農薬検査を実施しております。

分 析 項 目

結  果

ポジティブリスト222農薬 全項目検出されず(検出限界:0.01ppm)

分析委託先:株式会社マシス 食品安全評価分析センター

 


TOP アガリクス オメガ3 乳酸菌&ビフィズス菌 陸自推薦!特許取得インソール 店長のページ