オメガ3 DHA&EPA

オメガ3 DHA&EPA

注目のDHA・EPA

近年、世界的に注目されている「オメガー3系脂肪酸」。
「DHA」や「EPA」と言ったほうが分かりやすいかも知れません。DHA・EPAがなぜこんなに脚光を浴びているのでしょうか?それはDHA・EPAに次のような効果があることが明らかとなってきたからです。

消費者庁の委託事業で日本健康・栄養食品協会が実施した「食品の機能性評価モデル事業」において総合評価の結果、DHA・EPAは機能性について明確で充分な根拠があるとしてA判定の評価を受けました。

成分 機能 総合評価

 

オメガ3系脂肪酸

 

心血管疾患リスク低減(DHA・EPA)

A

血中中性脂肪低下作用(DHA・EPA)

A

関節リウマチ症状緩和(DHA・EPA)

A

 

科学的根拠レベル総合評価(A) 機能性について明確で十分な根拠がある(Convincing)

 

オメガ3とは?

油は、含まれる脂肪酸(脂肪を構成する成分)の性質によって、大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。私たちが健康を保つには、不飽和脂肪酸の摂取が特に重要と考えられています。そこで、今注目を集めているのが、「オメガー3系脂肪酸」。代表的なものが、マクロなどの青魚に含まれる魚油のDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)です。DHAやEPAは、不飽和脂肪酸の一種で、体内で合成することのできない必須脂肪酸です。

オメガ3 

 

 

本来、DHAとEPAは酸化しやすいのですが、アイ・工ムービーの『オメガ3(DHA&EPA)』は、ほとんど酸化しません。それは、世界初の特許、「真空・低温ハイブリッド製法」でマクロ油を抽出したからです。そのため、有効成分を損なうことなく天然ビタミンDとビタミンEを含んだ酸化しにくいマクロの魚油となったのです。通常市販されている「分子蒸留法」によるDHA・EPA商品はビタミンEなどが添加されていますが、『オメガ3(DHA&EPA)』は、すべてが天然成分で、酸化防止剤等の添加物は使用しておりません。 

召し上がり方
1日4〜6粒を目安に2〜3回に分けて水または、ぬるま湯でお召し上がりください。

 

使用上の注意
本品は栄養補助食品ですが、万一体質に合わないと感じられた時にはご利用をお控えください。
原材料をご参照の上、食品アレルギーのある方はお召し上がりにならないでください。
食品ですので衛生的な取り扱いをお願いします。
本品は多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。1日の摂取目安量を守ってください。
シリカゲルは食べられません。
食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

 

保存上の注意
直射日光、高温多湿な場所を避けて冷暗所に保存してください。
お子さまの手の届かない所で保管してください。

ショップ入り口


TOP アガリクス オメガ3 乳酸菌&ビフィズス菌 陸自推薦!特許取得インソール 店長のページ